院長の紹介・ご挨拶

在宅医師 稲田陽

診療部 院長 稲田 陽(いなだ あきら)

資格等の概要
  • 日本呼吸器学会 呼吸器専門医
  • 日本アレルギー学会 アレルギー専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医

訪問診療、在宅医療とは

ここ最近、訪問診療、在宅医療、往診と家、家庭を中心とした医療用語が盛んに用いられるようになってきました。
病院ではなくこれまで慣れ親しんだ家、家庭、また、老健施設、老人ホームと言った高齢者が療養できる施設の中で医療を提供していくのが在宅診療、在宅医療と言います。
その中で計画的に、毎月の外来通院と同じ形で、家や施設に居ながら定期的、計画的に受けられる医療を訪問診療と言い、さらに、訪問診療を受けられている患者様が、突然の病状の変化に応じて、その都度受けられる医療を往診と言います。

これまでの在宅医療の現状

これまでの主体は往診でした。しかし、病気や怪我、加齢でどうしても病院に通院ができない、癌、不治の病で余命幾ばくもなく、最後までご家族あるいは慣れ親しんだ家に居たい、身寄りが無く一人暮らしで病院が遠く、どうしても通院が出来ない患者様は納得のいく医療が受けられ無いのが現状でした。

在宅医・訪問医師として、ご自宅で納得のいく医療を提供したい

私たちいわゆる在宅医、訪問医師は可能な限り、医療と心をそういった患者様の家や施設に訪れて納得の行く医療を提供していきたいと思い、ここに開業を決意した次第です。どんな、抗癌剤も抗生剤も痛み止めも慣れ親しんだ家、家庭、家族と言った魔法の特効薬にはかなわないと思っています。

どんな抗癌剤も抗生剤もかなわない、魔法の特効薬

大きな病気をわずらっているおじいちゃん、おばあちゃんの面倒なんてとても怖くて看れないと思いがちですが、身体をさすってあげる、訴えを聞いてあげる、手を握ってあげると言う行為だけで十分特効薬になります。この特効薬を24時間いつでも提供できるのが在宅と言う環境なのです。

また、どうしても介護に疲れた、看取りへの不安・自信がない場合は、改めて病院にお世話になると言う事も十分可能です。

患者様とご家族を、24時間365日サポートしていきます

我々、在宅医、看護師、訪問介護士、訪問リハビリ士、訪問薬剤師、ケアマネージャー等々在宅診療に携わるスタッフは多種連携を密にはかり、また病院との関係を保ちながら、患者様、ご家族を支えていくだけです。

治す医療ではなく支える医療を24時間365日提供し続けていきたいと願っております。

診療部 院長 稲田 陽

スタッフ紹介

看護事業部 看護師長

看護事業部部長 守屋

守屋 有紀子(もりや ゆきこ)

資格等の概要
  • 訪問看護認定看護師

当クリニックの訪問診療および往診は、必ず医師と看護師が一緒に訪問します。その理由は、ご自宅に診療に伺った時に、点滴や採血などの処置だけでなく、排泄介助やスキンケア、介護相談など看護師であるからこそできるケアや助言などをさせていただくことで、より満足度の高い在宅診療が提供できるようにサポートするためです。

長年の訪問看護師としての経験を活かし、療養者や家族の方が安心して過ごせるよう、不安な時や話を聴いてほしいと思う時など24時間いつでも電話をいただければ、対応させていただきます。

医療事務部 医療クラーク

直接お会いする機会は少ないですが、療養される方やそのご家族様が安心してご自宅で過ごしていただけますように、事務スタッフとしてお手伝いさせて頂きたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。 

田川 智恵美(たがわ ちえみ)  櫻井 晶子(さくらい あきこ)

相談ブースで、何でもお気軽にご相談ください

相談ブース

これから訪問診療や往診をご希望される方や、在宅医療を受けておられる患者様やご家族でご不安なことがある場合は、何でも気軽にご相談ください。

相談ブースでは、お茶やジュースを飲みながらくつろいだ雰囲気の中で、気軽に何でもご相談していただけるようにしております。

ページトップへ戻る